〈景品表示法に基づく表記〉本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。コンテンツに商品プロモーションが含まれている場合があります。

こんにちは。椎野です!

ひとえにフェイントと言ってもいろいろあります。攻撃のため、防御のため、カウンターを狙うため、、、
上手い人は常にフェイントをかけていると言っても過言ではありません。

駆け引きが苦手な方は、フェイントのポイントを知ることでうまくなることができます。

  • この記事を書いた人
しいの
  • 元プロボクサー
  • 世界ランキング最高7位
  • 東洋太平洋タイトル獲得

20年以上のボクシングキャリアを活かし

  • ボクシング特化型パーソナルトレーナー
  • ガチでうまくなるボクシング完全攻略塾「ガチボク」運営
  • プロ専門ボクシングトレーナー

として活動しています。
担当した選手がチャンピオンベルトを獲得した数は10本以上。勝率はプロボクシング界の中でもトップクラス。

ボクシング好きなあなたに役立つボクシング情報を発信していきます。

  • 本記事の内容

1,攻防のためのフェイントのポイント

攻撃のためのポイント

 攻撃のためのフェイントのポイントは

打ったパンチは全てフェイントに使えるということ。

パンチを防御する時にどこかしらガードが空く(穴ができる)からです。

例えば、右ストレートを打ったら相手は反応し、ディフェンスしてきます。
パーリングするのかブロッキングするのかスウェーバックするのか、またはバックステップを踏むのか。
人によって防御の仕方は違いますが、次に打つふりをしてそこにパンチの軌道やタイミングを変えて打ち込むというのがシンプルなフェイントの使い方です。

防御のためのフェイント

防御のためのフェイントのポイントは

相手が打とうとした瞬間に、避けて打つよ?というフェイントを見せること。

このフェイントを先に見せることで相手は手を出しにくくなるからです。

実際に相手が打ってきたら避けないとダメなのですが、自分が打とうとした時に、相手が避けてカウンターを狙ってる仕草を見せるとパンチを打ちにくくなりますよね。
そうすると、カウンターを狙ってるからその裏をかこう、などと駆け引きが始まるわけです。

2,フェイントは心理戦

フェイントは心理戦です。パンチ出さない雰囲気を出すと相手が一瞬油断しますよね。その瞬間にパンチを打つ。

こういうのもフェイントになります。

手を揺らすだけがフェイントじゃないので、いろんなパターンでフェイントを使って、フェイントの種類を増やしてみてください。足も、目も、頭も、雰囲気も、フェイントに使えます。

フェイントをする上で大事なポイントは相手が引っかかってるかどうかの確認をすること

相手が引っかかっていないにもかかわらず、フェイントかけてパンチ打つ人もいますが、こういう人はカウンターをもらったりします。

手のフェイントに引っかかってるのか、足のフェイントに引っかかってるのか、または肩や頭や目のフェイントなのか。
フェイントは体のほとんどの部分で使えますが、ちゃんと相手が反応しているかどうかを確認しないと、フェイントをかけても意味がありません。

なのでまずは、フェイントをかけて相手の反応を見てください。

  • 反応の見方

フェイントをかけた時、相手のガードが下がる、相手のガードが内側に寄るなど、フェイントに対して相手が何に反応しどこかに穴が開くかというところ。

フェイントをかけてパンチを打つ時の注意点

フェイントをかけてパンチを打つ時に注意して欲しいのが、フェイントをかけてパンチを打つまでのタイミングです。

パンチを当てるには、フェイントに引っかかった瞬間に「打つ」のではなく、引っかかった瞬間に「当てる」ということを意識してください。タイミングが非常に重要です!

フェイントに引っかかった!と思って、そこからパンチを打っても遅いです。その間に相手は元の体勢に戻ります。

フェイントのポイントは嘘つきになること

僕が選手に言っているフェイントのポイントは、嘘つきになること。

シンプルに言えばフェイントって「嘘」なんです。


相手を騙してパンチを当てたり、相手のパンチを誘って打たせる(そしてカウンターを打つ)というのがフェイントです。
また、フェイントや駆け引きをするには、遊び心も大切です。

こういうのをやってみよう!とひらめいたらすぐやってください。
真面目すぎてもダメですし、これはフェイントにならないだろうと決めつけるのもダメです。いろいろ思いついたらまずはやってみる。是非いろいろ試してみてください!

フェイントがうまくなる効果的な練習方法

準備中・・・

公式LINEから各種お問い合わせが可能です!
記事へのご意見・疑問点などありましたらお気軽にご質問ください。
お友達追加宜しくお願いいたします。

友だち追加