〈景品表示法に基づく表記〉本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。コンテンツに商品プロモーションが含まれている場合があります。

井上尚弥選手KO勝ち!タパレス選手のディフェンス力に驚き。

正直ディフェンスに回っても、タパレス選手が今の井上選手相手にあそこまで持つとは思わなかったし、良いパンチも当てていた。

やはり、1番差があったのはスピード。足の速さ、パンチの速さ、反応速度、リターンの速さ。
一つ一つに差があるから大きな差が出る。
怖かったのは相打ち覚悟で打つフックと、近くでガードに徹した時のアッパーくらいか。

井上選手が勝ちに徹したら、ほとんどもらわなかったのではないか。
ただ、これは世界戦。
しかも統一王者同士の4団体統一戦。その試合で、判定もほぼ完璧な一方的な試合をしてしまう井上尚弥選手は本当に強い。

次戦はネリか、アフマダリエフか…個人的にはアフマダリエフとの一戦が見たい。

死闘のセミファイナル!堤選手VS穴口選手

セミファイナル、日本バンタム級タイトルマッチが本当に凄かった。


僕の予想は堤聖也選手の後半ストップ勝ちだったが、日本タイトルマッチにふさわしい、本当の死闘だった。

お互いの気持ちが強く、穴口選手も技術もあり気持ちも強く、今後またタイトルに絡んでくる選手だと思う。
勝った堤選手は王者としての強さを存分に見せてくれた。
見てない方は見逃し配信で見てほしい。

ボクシングでしかできない、ドラマチックな試合だった。 まずはダメージをしっかり抜いてほしい。両者に拍手。

写真引用:ボクシングモバイル様https://boxmob.jp/sp/

公式LINEから各種お問い合わせが可能です!
記事へのご意見・疑問点などありましたらお気軽にご質問ください。
お友達追加宜しくお願いいたします。

友だち追加

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です